新結核用語事典


M.avium complex症
[infections caused by M. avium complex]

分類学上極めて近縁のM. aviumとM. intracellulareの2菌種が原因菌となる感染症を指す。わが国の非定型抗酸菌症の70%前後を占める。日和見感染症の傾向が大きく,M. kansasii感染症に比べて,肺結核遺残病変を含む既存肺病変に続発する二次感染型が多い。一部には中葉舌区に病変のある慢性気管支炎様病態もみられる。化学療法の効果は充分とはいえず,殊に二次感染型は難治の感染症である。肺感染症が多いが,全身播種型感染症もあり,HIV感染に合併する日和見感染症としても注意を要する。最近,遺伝子工学的手法を用いたM. aviumとM.intracellulareの同定鑑別手技が導入されつつある。罹患は高年齢層に多い傾向がある。

のトップへ    関連するテーマの記事目録非結核性抗酸菌(症)