新結核用語事典


DOTS
[Directly Observed Treatment,Short-course]代

DOTS(直視監視下短期化学療法)とは,結核患者を見つけて治すために利用されている,プライマリー保健サービスの包括的計画の名称で,WHOが打ち出した結核対策戦略である。五つの主な要素は,1)政府が結核を重要課題と認識し適切なリーダーシップをとること,2)菌検査による診断,経過観察の推進,3)結核患者が薬を飲み忘れないよう医療従事者の前で内服すること,4)薬の安定供給,5)菌検査結果の記録サーベイランスである。米国や多くの途上国で大きな成果をあげている。

のトップへ    関連するテーマの記事目録DOTS戦略 服薬支援