新結核用語事典


BCGワクチン
[BCG vaccine]

結核発病の予防のために,現在世界的に広く用いられている生菌ワクチンである。1921年カルメット(Calmette)とゲラン(Guérin)により確立された弱毒化ウシ型抗酸菌(BCG)を用いる。生体に結核抵抗性の主体となる細胞性免疫を誘導する。現在BCG以上の効力を有するワクチンはない。液体ワクチンを経て,現在は凍結乾燥ワクチンとして使用されている。接種法には皮内注射,経皮接種,経口投与などがあるが,わが国では管針を用いる経皮接種が行われている。わが国の「TOKYO172」は凍結乾燥後の生残率,耐熱性において優れ,副作用も少ないことが知られている。国家検定などにより,力価と安全性が確認されたうえで一般に使用される。

のトップへ    関連するテーマの記事目録BCG