新結核用語事典


IGRA
[IGRA]

IGRAとは、Interferon-Gamma Release Assaysの略語であり、結核菌特異抗原により全血あるいは精製リンパ球を刺激後、産生されるインターフェロンγ(IFN-γ)を測定し、結核感染を診断する方法である。 現在、IGRAには2種類あり、一つは日本でも診断試薬として承認されているクォンティフェロンTBゴールドであり、これは全血を検体とし産生 IFN-γの測定にはELISAを使用している。もう一つは、精製リンパ球を検体として用いる T-SPOT.TBであり、産生IFN-γの測定法はELISPOT法である。使用する刺激抗原は結核菌群に特異的であるため、従来の感染診断法であるツベルクリン検査と比較し、特異度は格段に高くなっている。さらに、 IGRAはツベルクリン検査と異なり、医療機関への再診が不要であり、またブースター効果も無いという利点を持つ。一方、 IGRAは活動性結核と潜在性結核感染の区別は出来ず、また感染時期の特定も困難であるという制限を持つ。

のトップへ