新結核用語事典
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
[Chronic Obstructive Pulmonary Disease]
                                      

 COPDとは、気道(気管支・細気管支・肺胞)の広い範囲が慢性の炎症により狭まり、気流とガス交換が障害される疾患で、主な症状は咳、痰、息切れ、喘息などで、最大の原因は喫煙である。スパイロメトリーという装置で一秒間に吐き出す空気量(一秒量)を測定し、気流障害があるかどうかにより診断する。気流障害がある病態を閉塞性という。この検査で肺年齢が算出できるが、COPDでは肺の老化が急速に進行していく。治療は、第一に禁煙であり、薬物療法としては抗コリン剤やβ刺激剤の吸入やテオフィリン製剤、吸入ステロイドがある。理学療法、運動療法、栄養療法なども、症状や重症度に合わせて用いられる。進行例では酸素療法を行う。


※この用語解説は結核研究所ホームページ委員会が編集したものであり、日本結核病学会用語委員会により作成されたものではありません。

のトップへ