新結核用語事典


M.scrofulaceum症
[infections caused by M. scrofulaceum]非

暗所培養で黄・橙色を示す,暗発色菌M. scrofulaceumによって起こる感染症である。最近ではわが国の罹患数は少ない。肺感染症はじん肺合併例が多い。欧米では,若年者のリンパ節炎の原因菌として知られている。抗結核薬に対して耐性を示すが,毒力が弱いためか,二次感染型の予後も良い。水道水などを汚染するM. gordonaeとの鑑別が重要である。治療にはKM,RFP,EBが一般的に使用される。

のトップへ   関連するテーマの記事目録非結核性抗酸菌(症)