新結核用語事典


有病率
[prevalence of disease]

ある時点において,ある人口集団中にいるその病気をもっている人の割合。通常人口10万対率で表す。実態調査によって真の有病率が得られるが,サーベイランス上でも,年末現在において治療を要する患者数(ただし予防投薬対象者を除く)をその年の人口(10月1日現在の総人口)で除して有病率としている。実態調査による有病率は結核のまん延を表す重要な指標であるが,わが国では1973年以降得られていない。サーベイランス上の有病率は疫学指標ではなく,対策上必要な資源を計算する上で重要である。

のトップへ    関連するテーマの記事目録結核の統計