新結核用語事典


薬剤の選択
[choice of drug regimens]

結核の化学療法は,薬剤の併用療法が原則とされ,最も抗菌力の強いものの組合せが選択されるべきである。通常初回治療であれば標準処方の組合せで治療が行われる。再治療では例えばSM,INH,RFPに耐性であることが判明すればKM,EB,THなどの組合せが選択される。

のトップへ    関連するテーマの記事目録結核感染の治療 結核症の治療