新結核用語事典



[intestinal tuberculosis]

結核菌を含む喀痰を飲み込むと,菌は腸に達し粘膜リンパろ胞から侵入し,特徴的な辺縁穿掘性の瘍潰を形成する。小腸,大腸の広範に発生するが,リンパろ胞の多い回盲部に多い。線維化につれ腸管の狭窄を起こし,まれには穿孔性腹膜炎を起こす。自覚症状には食欲不振,下痢,腹痛,発熱がある。

のトップへ