新結核用語事典


初感染原発巣
[primary lesion/focus]

初めて肺に結核菌を吸い込んだとき形成される米粒大から小豆大程度の小さな肺病巣で,初感染巣ともいう。肺門リンパ節の病変と対をなしてできるため,両者を併せて初期変化群と呼ばれる。どの肺葉にもできるが,胸膜直下の肺組織に形成され,滲出性反応を呈し,やがて自然に線維性の被膜で包まれ,ついには石灰が沈着してよく治る性質をもっている。

のトップへ