新結核用語事典


ストップ結核パートナーシップ
[stop tb partnership]

 ストップ結核パートナーシップ (Stop TB Partnership) 公衆衛生問題としての結核を撲滅し、結核のない世界を実現するために2000年に設 立された連携組織。結核を撲滅したいという国際・政府機関、技術支援機関、NGO、 民間企業、一般市民・患者団体、学術団体など500以上の様々な組織から成り立って いる。政策提言・啓発活動を始め、途上国への薬剤などの提供、技術・資金支援の調 整を行っている。様々な国で各国版ストップ結核パートナーシップを作る動きがあ り、日本も2007年11月19日に『ストップ結核パートナーシップ日本(事務局:結核予 防会普及課内)』が立ち上がった。


※この用語解説は結核研究所ホームページ委員会が編集したものであり、日本結核病学会用語委員会により作成されたものではありません。

のトップへ   関連するテーマの記事目録世界の結核 DOTS戦略