新結核用語事典


先天性結核
[congenital tuberculosis]

結核の子宮内感染のこと。妊娠末期に母親が粟粒結核になると,子宮内膜に結核結節が形成され,これが胎盤側に波及して起こる。菌が臍帯血に入り,胎児が血行性結核を起こし,肝と肝門リンパ節に初期変化群に相当する病変を作る場合と,羊水中の結核菌により乾酪性肺炎,腸結核を起こす場合があるとされている。胎盤の結核病巣の検索が大切である。

のトップへ