新結核用語事典


最小阻止濃度
[minimal inhibitory concentration, MIC]

ある薬剤のある微生物に対する発育阻止効果を,試験管内でテストする場合に,その微生物の発育に適した培地に,調べようとする薬剤の段階的濃度を含有させ(例えば倍数希釈系列),それぞれの培地にその菌浮遊液を接種する。培養後,その菌発育を観察し,発育の阻止された最も低い薬剤濃度(μg/ml)を最小発育阻止濃度という。

のトップへ    関連するテーマの記事目録菌検査