新結核用語事典


ラインプローブアッセイ
[Line probe assay]

遺伝子が配列特異的に結合することを利用して、標的遺伝子の類似性(相同性)を検出する方法である。通常は標識されたプライマーを用いて、目的とする遺伝子を増幅・変性後、ニトロセルロース膜などのストリップ上に固相化された複数のプローブ(1本鎖の短い遺伝子断片)との分子交雑を行う(リバースハイブリダイゼーション)。遺伝子の結合・解離は配列に応じた温度(Tm値)で起こるので、相同性の高い遺伝子はTm値が高く、相同性の低い遺伝子はTm値が低くなる。これを利用すると、特定の温度条件で特定の配列のみを検出することができる。プローブと結合した遺伝子は一般に発色試薬によって可視化され、ストリップ上のバンドとして認識される。遺伝子配列の差異(変異)検出などに利用され、現在国内では抗酸菌群の同定ならびにリファンピシン耐性の迅速診断キットとして実用化されている。


のトップへ