新結核用語事典


尿路結核
[urinary tract tuberculosis]

尿路結核は腎結核に続発したもので,腎病変から尿中に流された結核菌が尿管粘膜に侵入し潰瘍を形成し,さらに尿管周囲炎を起こす。これがために尿管の狭窄を起こし水腎症が起こりやすく,また膀胱結核へと進展する。

のトップへ