新結核用語事典


[macrophage]

体内に侵入した病原体等の異物を貪食し、消化・分解し殺菌するという非特異的な生体防御機構を担う細胞。また、分解した異物を抗原として免疫細胞に提示する抗原提示能を持つ。結核菌は、先ず肺胞マクロファージに貪食されるが、マクロファージの持つ殺菌作用に抵抗し、細胞内で生存あるいは増殖すると考えられている。このような病原体を殺菌するためには、マクロファージを活性化し殺菌作用を亢進させる必要があり、これにはインターフェロン-γが重要な働きをする。


※この用語解説は結核研究所ホームページ委員会が編集したものであり、日本結核病学会用語委員会により作成されたものではありません。

のトップへ    関連するテーマの記事目録免疫学的検査