新結核用語事典



[acid-fast bacilli]

抗酸性をもつ一群の分裂菌の総称で,ミコバクテリアとほぼ同義語に用いられている。チール・ネールゼン法で赤く染まる細菌はすべて抗酸菌である。その最も代表的なヒト病原菌は結核菌と癩菌であるが,その他の抗酸菌によっても人間への感染がみられ,非結核性抗酸菌症と呼ばれている。


この用語解説は、日本結核病学会用語委員会により作成されたものを、結核研究所ホームページ委員会が現在の法制度にあわせて一部改変しております(平成19年4月)

のトップへ    関連するテーマの記事目録菌検査