新結核用語事典


核酸増幅法
[Nucleic acid amplification method]

数時間のうちに大量のDNAまたはRNAを増幅する方法である。結核菌の 検出を目的とし特異的DNA領域を増幅するpolymerase chain reaction(PCR),ligase chain reaction(LCR),strand displacement amplification(SDA)法やRNAを増幅するtranscription mediated amplification(MTD)法がキットとして開発されている。


のトップへ    関連するテーマの記事目録菌検査