新結核用語事典


減感作
[desensitization]

抗原性を有する物質で感作された個体に,再び同じ抗原を与えるとアレルギー反応(抗原抗体反応)が起こる。この場合,抗原を微量から始めて順次増量しながら投与すると,抗体が徐々に中和されて,遂には一定量の抗原を与えても反応を起こさなくなる。これを減感作,除感作または脱感作という。抗結核薬のうちでアレルギー反応を起こしやすいRFP,INH,PASはこの減感作により,使用可能となることがある。

のトップへ    関連するテーマの記事目録結核症の治療