新結核用語事典


珪肺結核
[silicotuberculosis]

病理所見上,肺結核は,1)silicotuberculosis or silicosis of infective type(結合型),2)tuberculosis with silicosis(分離型)に大別される。前者では結核性変化と珪肺性変化が相互に修飾しあって強い線維化を作り,肉眼的に両者を区別することは困難で,結核病巣は古い。後者では,珪肺性変化と結核性変化は分離し共存しているにすぎず,結核病巣は活動性である。以前は珪肺結核の死因は結核の進展によることが多かったが,最近は珪肺による低肺機能や他疾患による死亡が増加している。


のトップへ