新結核用語事典


菌陰性化
[negative conversion of bacilli]

通常治療開始時に陽性であった喀痰中の抗酸菌が,治療により塗抹検査あるいは培養検査で陰性に変化することを意味し,結核治療における重要な指標となる。塗抹検査が陰性になった場合は塗抹陰性化,培養検査が陰性になった場合は培養陰性化と呼ばれる。喀痰のみでなく,尿,胸水,脊髄液などの検体中結核菌についても同様である。


のトップへ    関連するテーマの記事目録菌検査