新結核用語事典


インフルエンザ症状
[flu-syndrome]

悪寒,発熱,頭痛,筋肉痛,関節痛,結膜の充血などインフルエンザ様の症状を呈することをいい,RFPの副作用の一つとしてみられることがある。本症状の発現頻度は投与量および投与間隔により著しい差があり,毎日投与では2〜3%であるが,間欠大量投与では高率である。発現時期は一定せず,投薬開始後6カ月以降でもみられている。


のトップへ    新結核用語事典リファンピシン